【高玉山 正蓮寺】 | 北九州市門司区にある浄土真宗本願寺派・正蓮寺です。納骨堂はもちろん、他のお寺にはない軍馬塚があります。

ホーム > 高玉山 正蓮寺 > 正蓮寺の縁起(歴史)

正蓮寺の縁起(歴史)

浄土真宗本願寺派 正蓮寺略縁起

開基

正蓮寺は高玉山または向月山と号し、浄土真宗本願寺派に属する寺院である。

この寺の開基、釈明寂は前田藤四郎宗祐の息で、長門国豊浦郡前田村の人、藤四郎は文治元年(1185年)三月安徳天皇に従い、壇ノ浦御裳裾川で戦死した平宗行の五代の孫にあたる。

正蓮寺略縁起

彼は大永三年一子をもうけたが、その子は幼時より才智殊の外すぐれ、父母之を愛愍し、豊前国企救郡楠原村の天台宗王明山向月院起福寺(正蓮寺の前身)祥雲法師の徒弟となり、剃髪して法名を慈雲と称した。

慈雲才学日に進み、仏典の奥義を究め、天文十六年(1547年)二十五才にして師の後をつぎ、権律師に進んだが、その後感ずるところあり、寺務を法弟義淳にゆずり、その身は諸国を行脚して出離解説の良因を求め、終に肥後国熊本西光寺において、易行他力の源底を聴き浄土真宗の安心を領解した。

開基

慈雲は、同国玉名郡分田村にしばらく草庵を結んでいたが、元亀元年(1570年)本願寺十一代顕如上人、諸国の門徒に檄文を送り、挙兵して織田信長と戦端を開くや、彼は法名を明寂と改め、西光寺に従い大坂石山本願寺に篭城すること六年、数度の合戦に軍功があったため、元亀三年八月十七日顕如上人より阿弥陀如来の尊像一体を賜ったという。

明寂、天正三年(1575年)下向、旧里起福寺の檀徒を教化しようと楠原村に至れば、元亀二年兵火のため門司城は落城、起福寺も破却されていた。

そこで同村法師庵に仮り住いしていた義淳法師を尋ね、師弟同室に起臥し、宗旨を真宗に改め、専ら弘願の捷径を説き、仏恩報謝の生活に余念がなかった。

明寂は天正十八年二月二日(1590年)入寂。

行年六十八才であった。

その後三代目高玉は寺地を同村「中の殿」の現在地に移した。

貞享三丙寅年十一月五日領主小笠原氏より、更に元禄四辛未年五月(1691年)本願寺より正蓮寺の寺号が免許された。

尚山号の向月山は起福寺の院号にちなんだもの、また高玉山と称したのは、現在の寺地を定めた三代高玉の功をたたえるために、その法名を山号としたものと考えられる。

正蓮寺略年表

正蓮寺略年表

歴代住職

初代 明寂    五代 了喜    九代  南渓    十三代 竜渓    十七代 哲雄

二代 義淳    六代 了伝    十代  映芳    十四代 竜邦

三代 高玉    七代 月山    十一代 等忍    十五代 哲雄

四代 了清    八代 知悦    十二代 竜嘯    十六代 邦雄

  • 正蓮寺の縁起(歴史)
  • 軍馬塚について
  • 納骨堂について
  • 年中行事
  • 寺院風景
  • よくある質問
  • 仏教婦人会
  • 仏教壮年会
  • 浄土真宗本願寺派 高玉山 正蓮寺

  • 寺院のご案内・アクセス
  • お問い合わせ